この記事をPICKする

hatenabookmark
大して特別でもない教材をやらせてそれが終わったらロースキル案件を扱う会社に突っ込む、なんてことをやってるところもあると聞きます。
そうじゃないところはもちろんあるでしょうけど、入る前にそれを見極めるのは中々に難しいでしょうね。
今受講している人ではなく卒業して働いた人が出てくれば変わってくるでしょうけど、今は情報が錯綜しています。
プログラミングスクールで勉強してきた実務未経験の中途エンジニアをどこまで採用できるかですよね。

人売りに紹介されなければいいですけど。
> 転職先が決まるまで徹底的にサポートしている
米国のプログラミングスクールは、スタンフォード卒とかでコンピューターサイエンス専攻じゃなかった人が、100万ぐらい払って死ぬ気で覚えて、Facebook・Airbnbとかにジュニアエンジニアとしてはいる場所です。

要は、もともと頭がよい人が前提であり、日本の「誰でもスクールに行って就職できます。」 的なスタンスと大きく違っています。

今は、超売り手市場でエンジニアが飛ぶように売れますし、技術力よりコミュニケーション能力偏重な節もありますので、今後どうなっていくかはわかりません。少なくてもメルカリの開発部隊は、イケてる外国人率が急速に高まっているそうです。
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。