7 picks

運用現場が「つらい」のはなぜかについて説明した簡単な資料です。 運用自動化や運用改善をする前に、一度じっくりと考えるための土台として作成しました。 (2019-09-11更新) - 「運用のつらさ」を説明するスライドを追加しました。 - 「海外の仕事のやり方 (運用業務を含む)」セクションを追加しました。

続きを読む
島田 恭輔

フリーランスエンジニア

8日前
まず現状を言語化すらできてないことが多い。
その次に論理的に整理。これも訓練が必要。論理の飛躍が混乱を招く。
そして抽象化からの具体化は、前田裕二さんの『メモの魔力』と同じこと言ってる。みんなが理解できるレベルまで抽象化してから、具体的な行動を示す(構造化する)。
山下

6日前
1つ1つ、つらいを潰していくしかないですね。
そのときは、この自動化は何のため?このツールは何をやっている?をドキュメントとして残しましょうということですね。
後から見直すとき、それがあると理解が進みますし。
Ken Ueno

programmer

9日前
非エンジニアが保守にまわるとできることがなさすぎて辛い

SREは保守・運用というかバックからわりと細かいチューニングまでパフォーマンスをあげて信頼性をあげるというイメージだな
yatta 47

9日前
使えるのが当たり前状態がつらみ。
Pickしました
Pickしました
Kouya

8日前
Pickしました

新着ピック  

















Takayuki YoshidaTakayuki Yoshida20時間前オプトテクノロジーズのソフトウェアエンジニア





記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。