9 picks

「経営目線の理解」がエンジニア人生にもたらすもの Battle Conference U30 2019 基調講演 Part2

2019年7月6日、株式会社サイバーエージェントが主催するイベント「Battle Conference U30」が開催されました。30歳以下のエンジニアによる30歳以下のエンジニアのための技術カンファレンスである本イベントには、さまざまな領域で活躍する若手が登壇。企業の枠を超えて、自身の技術・事業・キャリアに関する知見を発表しました。基調講演「技術にまつわる戦略思考」に登壇したのは、株式会社AppBrew代表取締役・深澤雄太氏。エンジニアが経営目線や戦略思考を持つことの意味を説きました。登壇資料はこちら

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

7ヶ月前
part1はこちら
https://itnews.org/news_resources/72565

「自分がオリジナルのプログラミング言語を作ってそれだけで食っていける人はすごいんですけど・・・」← 多くのエンジニアが、技術ドリブンの成功を目標に据えるのですが、正直超ハードモードです。

プロダクトは、日本の市場規模が大きいのでローカルでも十分成り立つのですが、技術だけとなるといきなりグローバルで戦わないといけなくります。しかも、どんどん淘汰される世界ですので、その中で残り続けるのは想像するだけで厳しいです。

エンジニア目線で見ると技術にこだわり深堀りするのは、必須なスキルですが、経営的に見るとそれが逆に足枷になってしまう危険性があるのは注意です。
ほげ

7ヶ月前
経営の目線を座学で理解するのは難しいんですよ。
できれば30代のうちに会社の経営層と仕事で実際に関わって、考え方を吸収しておきたいところです。
Maya Otsuka

7ヶ月前
Pickしました
takamichi_u

7ヶ月前
Pickしました
Pickしました
中村 杏

7ヶ月前
Pickしました
松本 浩史

7ヶ月前
Pickしました
遠藤 郁志

7ヶ月前
Pickしました
ログミーTech

自動PickBot

7ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。