2 picks

Invent or Die - 未来の設計者たちへ:第四回 中島聡 x 増井雄一郎 書き起こし その4|Singularity Society|note

2018年11月26日(月)に開催された「Invent or Die - 未来の設計者たちへ:第四回 中島聡 x 増井雄一郎」の書き起こしです。 ソフトウェアエンジニアである中島聡と、高校在学中からプログラミングをはじめ大学時代に起業、現在でも第一線で続ける有名エンジニアの増井雄一郎氏がエンジニアの未来に関して議論します。 もう1つ、エンジニアから見た働き方の多様性っていう意味では、これは本当に昔からよく言われる35歳定年説みたいな話で、今でも時々引き合いにだされますが、もう今35歳が定年だと思っている人はたぶんいないんですね。これ、なぜおこったかというと、SIer的な考えかたと

続きを読む
関 昌弘

Webエンジニア

5ヶ月前
今持ってるものすべて失っても明日から普通に暮らせるというのは理想ですね。モダンな技術を追うエンジニアを目指すけど組織寄りの技術が優先されたり業務知識が求められたりするのが現実ですからね、、、。
島田 恭輔

フリーランスエンジニア

5ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。