なぜ機能を削るのが良いのか|Seiji Takahashi - timakin|note

note / 12ヶ月

基本忙しいな〜と思いつつ、幸いにも仲良く仕事ができてることが多い。その理由を考えてた時に気づいたことをまとめたのがこの文章になる。ここで言いたいことはつまり、「機能を削ることはユーザーと開発チーム双方にとって、恐らく各位が考えている以上に良いことだ」ということだ。 なお、サムネは「機能を削ぎ落としていく過程はまるで彫刻製作のようだ...」と一瞬考えた時に程よい画像をとってきたのだけれど、単純にキモいなと思ったのと、的を射ているようで射てない気がしたし、プロダクト開発も彫刻もそんな知らないので、可及的速やかに忘れることにした。 いかにしてチームは殺伐となるか リリース間際やプロダ

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

12ヶ月前

全面的に同意ですし多くの機能がないと価値を感じてもらえないサイトはどこかが悪いと思います。機能を追加するのは削るより簡単です。削る中でコアな機能はなんだっけ?を詰めていくのも大切なことだと思います。
山下

12ヶ月前

見た目は良いまま、必要最低限の機能のみ実装しましょうってことですね。
島田 恭輔

12ヶ月前

Pickしました
Touyama Yuta

12ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。