AWS Well-Architected Toolが日本語をサポートしました(東京リージョンでご利用いただけます) | Amazon Web Services

Amazon Web Services / 1年

私たちが、2015年に発表したAWS Well-Architected フレームワークは、クラウドにおけるシステム設計・構築・運用において、設計原則と「運用の優秀性」「セキュリティ」「信頼性」「パフォーマンス効率」「コストの最適化」の5つの柱を使用して、ガイダンスとベストプラクティスを提供するものです。 さらに2018年にはAWS Well-Architected Toolをリリースし、お客様のワークロードがAWSアーキテクチャの最新ベストプラクティスに則っているか、どのようなギャップがあって、どのようなリスクや改善点があるかを自分自身でご確認いただけるようになりました。このツールは昨年のリリース以降、すでに世界中で何万ものワークロードレビューで活用されており、お客様ワークロードの改善に貢献してきました。 AWS Well-Architected Toolが日本語をサポートしました(東京リージョンでご利用いただけます) 本日より、AWS Well-Architected Toolが日本語のサポートし、アジアパシフィック(東京)リージョンでご利用いただけるようになります。みなさんは、AWSマネジメントコン...

この記事をPICKする

hatenabookmark
おぉ!これでまた一段と親しみやすくなった!
どんどん改善&進化していくところを見ると、さすがだなと思う。
日本語対応したということは、その工数をかけるだけのメリットが日本語市場にあったということか。
これを期に活用する人が増えてもっと便利な世の中になっていくとイイですね。
これはありがたい!
yatta 47

1年前

早速試そう。
Pickしました
Pickしました
ほげ

1年前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。