ロシア全土に設置される通信傍受デバイス、「SORM」の関連文書が丸見え状態だったことが判明!

ギズモード・ジャパン / 12ヶ月

サイバーセキュリティ企業UpGuardに所属する情報漏洩ハンターがロシアの情報監視システム「SORM」に関する文書がネット上で見られることを発見。どうやらNokiaの従業員とやりとりのあった委託事業者の甘いセキュリティ設定が原因っぽいです。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

12ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。