SI全盛時代に、要件をしっかり組み込むという観点でUMLみたいな設計手法がもてはやされていた気がします。そこからシステムの内製化も進みましたし、クラウドやサーバーレスなどソフトウェアのトレンドと、DDDなどの開発手法を組み合わせて進んでいくんでしょうね。