2 picks

2018年12月12日、株式会社サイバーエージェントにて「CA.swift」の 第7回が開催されました。AbemaTVやAmeba、AWAなどを担当しているiOSエンジニアが登壇し、それぞれのチームの開発ノウハウを惜しみなく語るイベント。今回は、『iOSアプリ設計パターン入門』の著者2名を含む5人のエンジニアが、iOS開発における知見を披露します。プレゼンテーション「なぜうちのチームは開発中のアプリをMVVMからMVCに戻したのか」に登壇したのは、株式会社ゆめみの史翔新氏。<a href="https://speakerdeck.com/lovee/nazeutifalsetimuhakai-fa-zhong-falseapuriwo-mvvm-kara-mvc-nili-sitafalseka" target="_blank">講演資料はこちら</a>

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

8ヶ月前
設計に銀の弾はない。MVCが悪いモデルではなく、当てはまらないビジネス要件に最適化したのがMVVMという認識。
結果的にどの設計を使うかより、チームメンバーが採択されたモデルを使いこなせるかが重要なんですね。
inoue makoto

DBA

8ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。