6 picks

# 前書き プログラミングで一番難しいところの一つは、「**見積もり**」だと私は思う。人から頼まれてプログラミングをする時、必ず最初に聞かれるのが「**だいたいどれくらいで終わるか?**」だ。厳しいところだと「何日に納品してくれるの...

続きを読む
島田 恭輔

フリーランスエンジニア

6日前
締め切りに追われるほど辛いことは無い…。
自分の見積もりによって自分が首を絞められるなら尚更辛い。そこで再見積もりという判断はとても良いと思った。
ただし、最初にある程度予測ができるくらいの経験を積まなければいけないことも忘れてはいけない。
yatta 47

6日前
わかる。最初は論理立てて考えてないとできないけど、慣れてくると自然とできるようになる。
Suzuki Yutaro

フリーランスエンジニア

4日前
そもそも不確定要素多数(プロジェクトに関することに限らない)だから、見積もりが高精度で行えるなんて思わないほうがいいと思います。
ただ、なんとなくこのぐらいかな、という当たりをつけたりとか、これちょっと時間かかりそう、すぐいけそうぐらいは見えたほうがいいかなと。
やることが完了までの具体的な作業内容を頭にイメージできてるのなら結構正確に見積もれるでしょうけど、まあそうは行かないことのほうが多いですよね。
翁長 武司

株式会社inflife CTO

5日前
プログラミング一番難しいのは、見積もり、、本当にその通りだと思いました。
特に経験のない技術の見積もりは辛いですね。。
Pickしました
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。