2 picks

オープンソースソフトウェア(以下、OSS)は、大半が無償ボランティアとドネーション(寄付)によって開発が支えられている。今回は、OSS活動に積極的なBoostIO社のCTO、Choi Junyoung(チェ・ジュンヨン)さんと、サンフランシスコのスタートアップ企業ZEIT社で『now』の開発に携わる金澤直之さん、2018年12月にBoostIO社が実施した総額約1億円にのぼる第三者割当増資に参加したDMM.comのCTO、松本勇気さんの3名に集まってもらい、IssueHuntの可能性と開発者がOSSコミュニティに参加するメリットなどについて語ってもらった。

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

8ヶ月前
OSSを使わないプロダクトは、今の世の中に1つとして存在しないため、ある種の社会基盤になっています。ただ、ElasticやMongoDBなどのIPOした成功事例を除いて、多くが個人ユーザーによる無償のプロジェクトによって成り立っています。

OSS側にとってユーザーから上がってくる要望と、依存する言語・フレームワークのバージョンアップに合わせた改変は、かなりの労力であることは想像に難くないです。

IssueHuntは本当にコミッターにとって福音であり、日本の企業も積極的に活用して欲しいですね。
ikezawa toshiki

8ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
ログイン
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。