アマゾンがついにOracle DBを「全廃」、成功のポイントは社内失業対策

日経 xTECH IT / 12ヶ月

 米アマゾン・ドット・コムがついに米オラクルに「勝利宣言」をした。アマゾンは2019年10月15日、社内からOracle Databaseを「全廃」したと発表したのだ。最盛期には約7500ものOracle DBが存在したが、それらはほぼすべて姿を消したという。

この記事をPICKする

hatenabookmark
ほげ

12ヶ月前

>Oracle DBのパフォーマンス管理やクエリー最適化だけを仕事にしてきたオラクル専門DBAが多数存在した。脱Oracle DBによってその仕事は消滅したが、アマゾンは解雇ではなくAWSへの社内異動で対応

移行し終わったら...
やっぱDBの最適化なんてナンセンスな仕事は無くなるよなぁ
清水 風音

12ヶ月前

AWSへの完全移行で、データベース管理者は「DB移行スペシャリスト」に社内異動になったようです。ということは、彼らがOracleの客を奪う急先鋒になるということ。これでOracleとAmazonは名実ともに「顧客」ではなく「競合」になったわけですね。
島田 恭輔

12ヶ月前

Pickしました
日経 xTECH IT

12ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。