「校閲・校正ができるAI」登場 “てにをは”や誤字脱字をチェック 「保証」と「補償」の違いも理解

ITmedia / 12ヶ月

凸版印刷が「AI校閲・校正支援システム」を開発。広告、パンフレット、カタログなどの原稿を読み込ませると、誤変換や誤字脱字を自動で検出する。法人の文書作成を効率化する狙いで、まずは金融業界向けに提供を始める。

この記事をPICKする

hatenabookmark
清水 風音

12ヶ月前

金融商品や保険勧誘など、法律的で定められた基準に即しているかを社内法務でチェックするのは、結構時間とコストがかかる。これを業界ごとにチューニングして実現できれば、期待値が高い。
畑邊 康浩

11ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。