NEDOが25億円投じ日の丸RDBを開発中、「国産にも勝機あり」と自信を見せる理由

日経 xTECH IT / 11ヶ月

 経済産業省所管の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が5年と25億円を投じて、国産の新しいRDB(リレーショナルデータベース)を開発している。日経 xTECHの取材でその詳細が明らかになった。

この記事をPICKする

hatenabookmark
koduki

11ヶ月前

ノーチラスが絡んでるのか。技術的に面白そうだしやるべきとも思うが、仮に最優のDBが出来ても成功できるかは商売的センスによるよなぁ
蜂谷

11ヶ月前

もうDB単体の勝負じゃないからな。。。AWS・GCPで扱えて費用もMySQL以下じゃないと使われない。ここは性能うんぬんじゃなくてビジネスサイドの話し。
ほげ

11ヶ月前

oracleは2017年には6億8千万ドルを研究開発費に当ててるようですが果たして...
日経 xTECH IT

11ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。