神奈川県警サイバー犯罪捜査課、個人情報39人分流出 盗難車から見つかる - 毎日新聞

mainichi.jp / 1年

 神奈川県警は21日、サイバー犯罪捜査課の50代の男性巡査部長が39人分の個人情報を含む捜査資料の写しを紛失していたと発表した。事件の供述調書(33枚)とクレジットカード情報32人分の一覧など書類計64枚。都内で発見された盗難車のトランクから見つかった。県警は個人情報が含まれていた39人に電話連絡を

この記事をPICKする

hatenabookmark
サイバー犯罪課の巡査部長が、(クレジットカード情報非保持を要求している)割賦販売法違反の捜査資料が入った鞄を飲酒後に紛失し、その鞄が盗難車のトランクから発見されたという味わい深い事故
飲酒後に紛失…。圧倒的なヒューマンエラーですね。こういう仕事が真っ先にAIに打って変わって欲しい。AIに仕事が奪われる、とかお祭り騒ぎしてる場合じゃないですね。
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。