3 picks

ステージング環境とは?開発環境、検証環境との違いと役割 | WWWクリエイターズ

ステージング環境という言葉は、ソフトウェア開発に携わっていてもあまり聞き慣れない方もいるかもしれません。この記事では、ソフトウェア開発プロセスにおける、各種の環境(≒多くの場合、独立したサーバー環境)の違いについて触れてみます。 ステージング環境とは? システム開発において、「ステージング環境」とは、本番環境に条件を限りなく近づけた「最終テスト用に用いる、本番環境と類似のテスト環境」を指します。 特に、ウェブシステムなどの継続的な保守・改修が行われるシステムにおいては、本番環境へデプロイ(リリース)直前に、その最終検証をできるだけ精密に、慎重行うため、本番環境の類似環境を用意し、実際の本番デプロイ作業やデプロイ後の状態を検証します。このような環境が「ステージング環境」と呼ばれ、しばしば以下のような目的で利用します。 本番デプロイ作業をシミュレーションする 環境設定やデータの違いによる検証漏

続きを読む
山下

1ヶ月前
擬似Production環境がStagingということですね。
Stagingでのテストというのは、統合テストという意味合いですかね。
清水 風音

ITnews代表

1ヶ月前
運用環境は各社微妙にニュアンスが異なりますね。以前は、本番データと同等構成で検証として使っていましたが、リリース自動化の中で消えていきましたね。
GuestUser@3827

1ヶ月前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。