「ここはスピード優先で開発しよう!」は本当に正しいのか?または、本当に間違っているのか?|Katsuma Narisawa|note

note / 11ヶ月

「この機能、Aの方法で実装するかBの方法か、どうしますか?」 「うーん、じゃあとりあえずスピード優先でAにしよう!」 そんな会話を幾度となく繰り返した皆さま、もしくはこんな会話に幾度となく疲弊した皆さま。こんにちは。成澤です。 冒頭の会話は、スタートアップ界隈のプロダクト開発でしがちな会話だと思うのですが、実際のところ「"スピード"を優先するべきなのか?時間をかけてでも"質"を追求すべきなのか?」という問いに、明確に答えを出すのはそれなりの経験が必要なのではないでしょうか。 もちろん、この問題の答えは「時と場合による」でしかありません。 しかし、「このパターンは自分ならこうす

この記事をPICKする

hatenabookmark
関 昌弘

11ヶ月前

どちらも開発現場あるあるですね、、、。質を犠牲にしてできた機能の重要度は低いですしコードがキレイでテストもバッチりで使われないサービスなんてホラーです。完璧な機能を1つずつ入れて検証して残すか捨てるかを繰り返すのがリーン的だと思います。
ksmax

11ヶ月前

勉強中の自分も今のうちにこの視点は養っておこうと思う
miyagawa nana

11ヶ月前

開発現場あるあるそのものだと思う。
鳴瀬 涼

11ヶ月前

Pickしました
Takeda Yuki

11ヶ月前

Pickしました
Fujisaki Yuto

11ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。