「変なホテル舞浜」卵型ロボの脆弱性報告、なぜ「不審扱い」された? 不幸なすれ違いの背景

ITmedia / 11ヶ月

「変なホテル舞浜 東京ベイ」のロボット「Tapia」に、不正操作につながる脆弱性が存在していたことが明らかになりました。運営会社はセキュリティを強化する旨を発表しましたが、一連のプロセスから考えさせられることは多そうです。 (1/3)

この記事をPICKする

hatenabookmark
徳丸 浩
ALPHA

11ヶ月前

顧問弁護士に相談して回答を保留したとのこと。しかし、情報公開まで猶予期間をもうけることはよくあることなので、セキュリティ専門家に(も)相談するとよかった
tamo san

11ヶ月前

『報奨金を目的とした不審なメールとして受け止め、コンタクトを回避』とした理由をちょっと伺いたいですね:「変なホテル舞浜」卵型ロボの脆弱性報告、なぜ「不審扱い」された? 不幸なすれ違いの背景 (1/3) - ITmedia NEWS
不審なメールとして処理していた経緯が気になりますね。
チャレンジな企画なので普段より多く声を拾う姿勢が大事だと思います。
清水 風音

11ヶ月前

Pickしました
Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。