エンジニアは技術とコミュニティで社会課題を解決できる──及川卓也氏が考える「テクノロジーのこれから」 - sight 次世代を生み出すテクノロジーの視点

www.si-ght.jp / 11ヶ月

及川卓也氏は所属でラベル付けされることを嫌う。エンジニアがリスペクトされ、人材の流動性の高い社会では、会社の名前にこだわることなど意味がないと考える。及川氏が考える、日本のテクノロジーのこれからとエンジニアの生き方とは── Profile Tably(テーブリー)株式会社代表取締役 Technology Enabler 及川 卓也(おいかわ・たくや)氏 早稲田大学理工学部卒業後、DEC、Microsoft、Googleにてソフトウェアを開発。Microsoftでは日本語版と韓国語版Windowsの開発統括を務める。Googleでは9年間にわたり、プロダクトマネージャとエンジニアリングマネージャ…

この記事をPICKする

hatenabookmark
原 麻由美

11ヶ月前

Pickしました
> エンジニアは最新のテクノロジーを使ってかっこいいものを出そうとする
これは事実ですが、全員世の中の課題解決するわけじゃないです。新しいツールを洗練させるときのマインドとしては「かっこいいから使いたい」も最適な発想だと思います。
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。