通信事業者のサーバーからSMSメッセージを盗むマルウェア--中国が関与か

ZDNet Japan / 11ヶ月

米サイバーセキュリティ企業FireEyeは米国時間10月31日、モバイル通信事業者のネットワークからSMSメッセージを盗み取るLinuxベースのマルウェアを発見したと発表した。中国政府の支援を受けたハッキング集団の1つが開発したとみている。

この記事をPICKする

hatenabookmark
tamo san

11ヶ月前

ショートメッセージサービスセンター(SMSC)のサーバー上で動作する「MESSAGETAP」について:通信事業者のサーバーからSMSメッセージを盗むマルウェア--中国が関与か - ZDNet Japan
> APT41は「中国諜報機関が関心を抱いている外国高官に関連するCDRの記録」に対して検索を実行していたという。
キナ臭い。。
ZDNet Japan

11ヶ月前

Pickしました
CNET Japan

11ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。