欧州の中で人件費が安く、海外自動車メーカーが製造拠点を置いている。自動車・バイオテクノロジーに強く、近年では自動運転技術の研究も盛んで公道での自動運転テストの許可が出ている地域の1つでもあるとのこと。

自動運転・ブロックチェーンといった最先端技術は、社会的なインフラの変革を必要としているため、チェコ・エストニア・ハンガリーといった国が率先してデジタル化に舵をきっている欧州小国は注目度が高いですね。