ファイア・アイ、疑似攻撃で企業セキュリティー対策を評価するソフトを販売

日経 xTECH IT / 10ヶ月

 米ファイア・アイ(FireEye)の日本法人は2019年11月13日、サイバー攻撃をシミュレーションできるソフトウエア「Verodin Security Instrumentation Platform(Verodin SIP)」を日本国内で販売開始すると発表した。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

10ヶ月前

Pickしました
日経 xTECH IT

10ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。