中国のサイバー攻撃グループの活動が2019年に入り活発化、諜報活動とサイバー犯罪を手掛ける「APT41」 

INTERNET Watch / 10ヶ月

 米中の「サイバー合意(2015年)」および中国人民解放軍の組織再編に合わせて、2016年から“休眠状態”にあった中国の複数のサイバー攻撃グループが2018年から活動を再開していることを、ファイア・アイ株式会社の千田展也氏が13日に行われた記者発表会で明らかにした。

この記事をPICKする

hatenabookmark
Kouya

10ヶ月前

今でも、標的型攻撃の初期攻撃の9割はフィッシングメールによるものみたいです
INTERNET Watch

10ヶ月前

Pickしました
appstore
googleplay
会員登録
URLからPICKする

会員登録して、もっと便利に利用しよう

  • 1.

    記事をストックできる
    気になる記事をPickして、いつでも読み返すことができます。
  • 2.

    新着ニュースをカスタマイズできます
    好きなニュースフィードをフォローすると、新着ニュースが受け取れます。