Googleは、ページにまったく表示されないクエリに対してサイトをランク付けすることがある。

Googleは、ステミング(「ウォーキング」を検索すると「ウォーク」を含む)や関連する言葉(「ハット」と「キャップ」)以外に、検索者がWeb上を移動する方法にも基づいてリンクしている。

例えば、「電話番号検索⇒見つからない⇒記事のタイトルで検索⇒記事にたどり着く」
クエリによって、上記の行動をとるユーザーの割合が多いと見ると、1回目の検索で2回目の検索結果を表示している。

なので、ユーザーが入れたクエリと違う結果が出ている場合は、その後多くのユーザーが取る行動を先読みして結果を出しているってことですね。