7 picks

“居場所ないおじさん”の事例で学ぶ、エンジニアが持つべき危機感「あなたは自分のスキルで勝負ができますか?」 - エンジニアtype | 転職type

澤円さんが、自身が注目する業界の最新トレンドを紹介する連載。エンジニアのキャリアを取り巻く状況がどう変化しているのか、わかりやすく解説する。

続きを読む
清水 風音

ITnews代表

20日前
「人月」という画一的にお金を徴収できる仕組みによって、スキルを向上させないエンジニアが生まれるのは納得。社内の希少価値だけが、唯一の武器にならないように、日々最新のテクノロジーに触れておくべきですね。
島田 恭輔

フリーランスエンジニア

20日前
"「さぁ転職活動しましょう」というときに、「私はこれができます」と明確にレジュメに記載することができなくなってしまうのです。"
確かにです。転職活動に限りませんね。
あと、スキルに限らず、自分の考えとか、「言語化する」ことは本当に大切。言語化できるだけで新しいジャンルが確立することだってあると思う。
ほげ

19日前
準委任や派遣案件で高年齢の技術者は採用されにくいんや...(派遣先の人が自分より年上や年配の人を嫌がるから)
極端な話、技術を極めて独立するか、プロジェクトマネジメントの経験を積んでPMPLとして生きていくかの2択なんよねぇ現状。
(事業会社の情シスって手もあるけど)
どちらに進むかは若いうちから決めておくほうが良いのかも。
最近は中堅規模までの会社さんで、技術に特化した集団もあるからそっちに移る手もあるけどまだまだ少数派だよなぁ。
tamo san

ITインフラ・セキュリティエンジニア

19日前
おなじみ澤さんのコラム。『「運用でカバー」という言葉。これを私は“恐怖の言葉”と呼んでいます』:“居場所ないおじさん”の事例で学ぶ、エンジニアが持つべき危機感「あなたは自分のスキルで勝負ができますか?」 - エンジニアtype | 転職type
horie shinji

20日前
タグの一つくらい無いときついよね。
tom__0024

19日前
Pickしました
エンジニアtype

自動PickBot

20日前
Pickしました

新着ピック  






















記事をPICKする
会員登録
Register
記事をPICKする

会員登録すると、もっと便利に利用できます。